Worries

こんなお悩みではないですか?

こんな症状ありませんか?

  • 毛がよく抜ける
  • 皮膚が赤い
  • よく手足を舐めている
  • 耳を痒そうにしている
  • 治療を受けているが良くならない
皮膚アレルギー診療
皮膚アレルギー診療

このまま放っておくと・・・

  • さらに悪化してしまう可能性がある
  • 治らないのに治療費だけかさんでしまう・・・
  • わんちゃん、ねこちゃんへの体への負担が増えてしまう
Greeting

院長からごあいさつ

犬の皮膚アレルギーの病気の改善は当院にお任せください。

痒みなどの症状が長く続き、かつ治療に反応しづらい繰り返す皮膚炎は動物や飼い主様にとっても悩ましく辛い病気です。
当院の得意とする皮膚科診療で皮膚と心の健康のサポートをさせていただけたらと考えています。

Photo
Method of treatment

治療方法について

犬アトピー性皮膚炎

犬アトピー性皮膚炎

犬のアトピー性皮膚炎は、特定のアレルゲン(花粉、ホコリ、食品など)に対する過敏な免疫反応が引き起こす皮膚の炎症症状です。痒み、赤み、脱毛、皮膚の乾燥が見られ、舐めたりかいたりすることが多いです。遺伝的要因や環境の影響が関与するとされています。

食物性アレルギー

食物性アレルギー

犬の食物アレルギーとは、特定の食品成分に対する免疫反応が過剰に起こり、体内で炎症やアレルギー症状を引き起こす病気です。
食物アレルゲン(動物により違いますが、牛肉、豚肉、鶏肉、牛乳、卵、米、大豆など)によって起こる皮膚炎です。

Second opinion

セカンドオピニオン

セカンドオピニオンのご相談

セカンドオピニオンのご相談

当院では、専門性の高い犬猫の皮膚治療を行っております。
客観的なデータを元に当院としての意見をお伝えします。
データがない場合は、当院で再検査をお受けいたします。
飼い主様の不安を取り除くため、親身に対応させていただきます。

院長プロフィールはこちら

  • 近隣の動物病院様からのご紹介による検査や診療も承っております。
  • お電話やメールでのセカンド・オピニオンは誤解を生む原因となりますので、全てのデータをお持ちの上、来院し診察を受けてください。

詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。

TEL.06-6753-7542

皮膚の病気参考サイト

image1
image2
image3
image4
image5
image8